教員採用試験の予備校・通信講座選び

教員採用試験対策の予備校・通信講座は?

教員採用試験の予備校や専門学校の講座を紹介

 

通学講座とは

 

勉強のみに集中して短期での合格を目指すなら間違いなく通学講座!

 

予備校に通いながら、みっちり勉強できることが最大のメリット!

 

しかし、部活で忙しかったり、働きながら目指す人には時間の都合がつきにくい。

 

通信講座とは

 

仕事やバイトでまとまった時間がなかなか確保出来ないかたにはおすすめ

 

通学講座に比べるとサポート内容に劣るが、その分料金も安い

 

書店などで参考書を一から揃えて完全に独学でやるよりかは遥かに効率が良い

 

 

当サイトをしっかり活用していただき教員試験合格に向けて頑張ってください!

 

 

比較表を参考に、更に詳しい内容は、各予備校へ資料請求(HPから無料で出来ます)するかホームページで確認してください

 

 

おすすめの教員採用試験の予備校・通信講座(比較表)

 

HP

東京アカデミー

TAC

LEC

通信

通学

中学高校

面接

テキスト

DVD

論文

模試

◎(4回)

料金

HP確認

資料請求

HP確認

資料請求

HP確認

資料請求

 

HP

河合塾

Z会

協同出版

通信

通学

×

×

中学高校

面接

テキスト等

テキスト等

論文

模試

例題集

料金

HP確認

資料請求

HP確認

資料請求

HP確認

資料請求

 

教員採用試験は一般教養・専門教養・教職教養など多くの科目を学習し、更には面接や実技など完全に独学でやるには受かりにくいのが現状です。

 

無計画な学習スケジュールや、学習効率の悪化を防ぎ、出来る限り最短で合格を目指すには予備校や通信講座の活用が非常におすすめなのです。

 

 

出来るだけ早く合格したい

 

独学ではうまくいかない

 

学力も面接も自信が無い

 

 

教採(教員採用試験)までの時間と、今の自分の学力や面接の対応力など、様々なことを考慮した上で必要だと思えば予備校を利用すべきだと言えます。

 

 

 

予備校の比較のポイント

 

講座の形式や試験の区分

 

通学講座なのか、通信講座なのか。また自分の受験する教科(国語、保健体育、数学など)の対策講座があるのか?

 

講座の内容

 

面接対策や論文対策などは予備校によって内容や量が異なります。学科以外の部分でどのくらいサポートを受けたいのかなどを考慮して選びましょう。

 

受講料金(価格)

 

資料請求やホームページで確認しましょう。

 

これについては、オプション(DVD、WEB通信、スマホでの学習等)の追加やサポート回数により金額が変動します。

 

 

下記の表をご覧いただき、詳しい講座の内容や価格については、資料請求(HPから無料出来る)や各ホームページで確認してください!

 

 

 

 

ホームページで分からず、資料請求をしてもわからないなら、遠慮せず直接予備校へ電話で確認しましょう。

 

オープンスクールなどに参加したり、ホームページで模擬授業など映像公開されているものもありますから確認しておきましょう。

 

 

おすすめの教員採用試験の予備校・通信講座(比較表)

 

HP

東京アカデミー

TAC

LEC

通信

通学

中学高校

面接

テキスト

DVD

論文

模試

◎(4回)

料金

HP確認

資料請求

HP確認

資料請求

HP確認

資料請求

 

HP

河合塾

Z会

協同出版

通信

通学

×

×

中学高校

面接

テキスト等

テキスト等

論文

模試

例題集

料金

HP確認

資料請求

HP確認

資料請求

HP確認

資料請求

 

 

予備校を活用するメリット

 

 

効率の良い学習をする

 

 

独学では、一から学習すると遠回りしてしまう可能性があります!

 

勉強には自信がある方はもちろん独学で目指すことも可能でしょう!

 

しかし競争率も高く、試験範囲も非常に広いのが採用試験です!

 

また各自治体により差がある試験でもありますから、全国的に校舎のある予備校が地域性を考慮した対策がしやすくおすすめです。

 

モチベーションを上げる

 

 

一人では何をして良いのか、自分が今どのレベルなのか分からず不安がつきものです。

 

ぜひ、予備校から情報を吸収したり、仲間と切磋琢磨して合格へ突き進んでください!

 

情報を収集する

 

 

予備校を利用していると、自分では気づかなかった試験情報や、勉強のコツなどが分かります!

 

 

 

教員採用試験は学習の範囲も非常に広く、ライバルが多く競争率が高いです。

 

その中で差をつけるには、勉強の質と量を高めるいくしかありません。

 

 

 

 

 

合格のためのポイント

 

早めに学習を始める

 

 

 

教員試験の予備校の通学講座では早いものでは1年以上前から対策に入ります。

 

試験は7月位からはじまりますので遅くても4月にはスタートしたいところです!

 

特に独学で学習する場合は、時間がかかる可能性があるので、さらに早めの対策が必要でしょう。

 

 

効率の良い学習をする

 

 

ここは、予備校を活用することでかなりカバー出来るはずです!

 

独学の方は、試験の傾向をしっかり確認し、必要なところに時間を集中することが大切です!

 

全ての科目を同じように時間をかけて覚えていてはなかなか前に進みませんので、メリハリをつけた学習を心がけてください!

 

 

1年前から、前年度の9月から11月から、4月からなど様々な教員試験の対策講座の開始時期がありますが、予備校の活用を検討するなら、HPで確認りたり、無料の資料請求を活用し、早めに内容を確認し、いつから通うか意識しておきましょう!

 

 

 

 

 

各予備校の詳細や無料資料請求

 

 

 

通信講座の概要や無料資料請求

教員採用試験の予備校はいつから利用するの?

教員採用試験の予備校はいつから利用するのか?

 

まず、教員採用試験の日程のおおまかな流れです。各都道府県により少し違いはあります。

 

出願期間

 

4月〜5月

 

1次試験

 

6月〜7月

 

2次試験

 

8月〜9月

 

このような流れになっています!

 

 

ですからそれに向け逆算して学習を始めることが大切です!

 

 

通学講座はいつから対策が始まるの?

 

例えば、東京アカデミーでは早くて9月生、11月生など試験の約1年前から準備するものや、4月生などもあります。これも校舎により多少のズレがありますので確認しましょう!

 

TACでは大学3年生の春から始めるものなどもあります!

 

いずれにしても、早い対策が合格と掴むための非常に重要なポイントになります!

 

 

各予備校の詳細や無料資料請求

 

 

 

通信講座の概要や無料資料請求

 

 

 

 

 

 

 

忙しい方や予備校に通えない人は教員採用試験の通信講座

教員採用試験を通信講座の活用で合格を目指す!

 

教員採用試験は科目数が多い上に競争率も高いので予備校を利用し合格を目指す方も多いです。

 

部活で忙しい方、アルバイトや仕事で予備校に通えない方は通信講座の利用がおすすめです!

 

働きながらの忙しい生活の中などで書店などの参考書だけで完全に独学で合格を目指すのはなかなか根気と効率化ができないと、難しいです。

 

 

そんなときは、予備校の長年かけて築き上げたマニュアルを活用し、できるだけ的を絞った効率の良い学習環境を手に入れるにはやはり通信講座の活用が一番です!

 

通信講座で実績や人気のあるのは有名なところで東京アカデミーですね。

 

教員採用試験の通信講座を検討される方は、一通り資料請求して見比べてみるのもひとつの手段です。

 

料金や内容をしっかり確認し、ご自身に合った通信講座を探し、通学講座で日々奮闘中のライバルに負けないように学習していきましょう!

 

通信講座を活用するメリット

 

独学に比べ、的を絞った学習が出来る!(効率化)

 

 

 

完全に独学で合格をされる方もいますが、結構何年もかかって合格を勝ち取るパターンが多いのも教員採用試験の特徴です。

 

それだけライバルの多い狭き門を突破するには、効率よくかつ勉強量もカバーしなければなりません!

 

忙しくて予備校に通えない方は教員採用試験の通信講座を活用することでここをどこまでカバーするかが鍵になります!

 

 

自分のペースで空いた時間に学習を進められる

 

 

通信講座では、自分の苦手なところや伸ばしたいところを自分のペースで学習出来るというメリットはあります!

 

もう自信があるところはとばして、苦手なところを重点的に学習したり、平日になかなかできなかったところの勉強量を休日にカバーしたりと自分のペースで学習していくことも可能です!

 

 

もちろん通学講座に比べ料金が安いので、金銭的な理由で通信講座を検討される方もいます!

 

独学か、通学講座か、通信講座か?

 

ここをまずは判断し、それぞれに応じた学習ペースを自分なりに作り、合格へ向けて頑張りましょう!

 

 

各予備校の詳細や無料資料請求

 

 

 

通信講座の概要や無料資料請求

独学ではどのように学習を進めるべき?

教員試験は甘くはありませんから、独学で行う場合も通信講座を活用したり、早めに学習を始め対策すると道が開けるはずです!

 

メリットはとにかく安く済むということ。

 

 

大切なのは

 

勉強の量と質をカバーすること!

 

早めに学習を始める。

 

 

 

学習の流れ

 

参考書などで知識をつけ

 

過去問などで問題を解く練習と苦手分野の調査

 

苦手なところはまた参考書などで確認し、さらに過去問で復習する

 

模擬試験で本番さながらの時間制限の中での解答能力を高めていく

 

人物試験(論文、面接、模擬授業)などの基礎知識や実際の練習を行う。

 

このような流れになります。

 

 

参考書については、個人の好みもありますが、揃えるなら、

 

参考書・問題集・過去問を購入し、実力を確認しながら継続して勉強していってください。

 

 

 

参考書選びはこちら

 

 

 

各予備校の詳細や無料資料請求

 

 

 

通信講座の概要や無料資料請求


無料資料請求 各予備校概要